HOME > 商品案内 一覧

商品案内 一覧 紅茶 

茶匠が紅茶にもこだわって厳選した逸品。インド北部の世界の最大産地より輸入した紅茶は、フルーティーな香りと、濃厚でこくがあり、かつまろやかな飲み口が特徴です。
紅茶は茶葉の大きさや質で細かく等級(グレード)がつけられています。これは茶葉の大きさや縒り(より)が異なると抽出時間が異なり、味に影響が出てくるからです。そのために摘む茶葉を区分して名称をつけています。
枝の一番先のまだ葉が開いていない状態の新芽から、下に続く5枚目までのリーフ状の茶葉を順に、フラワリー・オレンジペコ(FOP)→オレンジペコ(OP)→ペコ(P)→ペコスーチョン(PS)→スーチョン(S)と呼び、紅茶の品質が分かるようになっています。基本的には新芽とそのすぐ下にある2枚の若葉を摘む一芯二葉が、よい紅茶を作る理想とされています。
また、紅茶は製法によって、リーフ状のままのフルリーフ、茶葉を砕葉したブロークン、さらにふるいにかけたファニングスの3種類があり、それぞれ茶葉の名称と製法を組み合わせて等級づけされています。

<紅茶をいれるコツ>
イギリスの紅茶文化によって誕生した伝統的な紅茶のいれ方は、ゴールデンルールと呼ばれ、紅茶のいれ方の基本となっています。ポイントは、茶葉の量を正確に量る、くみたての水を沸騰させる、ポットを使用する、ポットで蒸らすです。
 <茶葉の量を正確に量る>
ティーカップ1杯につき、ティースプーン1杯が基本です。ポットが大きい場合や抽出しにくい茶葉の場合は、さらにティースプーン1杯が必要になります。
 <くみたての水を沸騰させる>
くみたての水は新鮮で空気をたくさん含んでいるので、沸騰したての熱湯をポットに注いだときに茶葉がジャンピングし、紅茶の味を引き出してくれます。
ご家庭でおいしくいれるには水道水が一番適しています。必ずくみたての水を1分間は沸騰させ続け、煮沸してから使用します。
 <ポットを使用する>
茶葉がジャンプするように上下に動きまわる「ジャンピング」を起こすには丸みのある紅茶専用のポットがよく、茶葉をいれる前に一度熱湯を注いで温めてから、90℃以上の熱湯を注いでください。
 <ポットで蒸らす>
紅茶は蒸らし時間がとても大切で、紅茶の味を左右する重要な工程です。ポットの中でジャンピングした茶葉が静かに底に沈むまでの間を蒸らし時間といい、この間に紅茶の味がゆっくりと抽出されます。
蒸らし時間は茶葉の形状によって多少異なりますが、熱湯を注ぎきってから3分間が基本となります。

紅茶

ダージリン紅茶 100g入り

ダージリン紅茶 100g入り

マスカットフレーバーと呼ばれる高貴な香り

¥1,080

詳細

アッサム紅茶 100g入り

アッサム紅茶 100g入り

ミルクティーやマサラティに最適の濃厚さ。

¥864

詳細

セイロン紅茶 100g入り

セイロン紅茶 100g入り

渋みが少なくスッキリと香り高く濃厚な味

¥756

詳細

国産 モーニング紅茶 80g入り

国産 モーニング紅茶 80g入り

あっさりとしたまろやかな風味の国内産紅茶

¥648

詳細

商品検索

買い物カゴを見る

茶匠みのる園
〒703-8256
岡山県岡山市中区浜478-8
TEL&FAX:086-272-1876
MAIL:minoru-1@po1.oninet.ne.jp
詳細
二次元バーコード
携帯電話で読み取れば携帯サイトへ簡単アクセスできます。