HOME > お茶の淹れ方 > 抹茶 濃茶の練り方

抹茶 濃茶の練り方

茶碗にお湯をいれて温めておきます。そのお湯を茶筅で軽くかき混ぜ、茶筅も温めます。温めましたらお湯を捨て、茶碗の内側を拭います。

抹茶3g(茶さじ3杯)を量り、茶こしに抹茶を入れて、抹茶碗の中に山の形をつくるようにこし入れます。固まりがあればつぶします。

90℃のお湯100ccを量り、抹茶碗に静かに注ぎます。

抹茶がよくとけるように茶筅を上下(縦)に泡立たないようにゆっくりと動かして練ります。抹茶は茶碗の底に溜まっていますので茶筅を傷めないようにやさしく丁寧に練ります。
濃茶は一碗を数名の連客で順服するのが普通です。(各服点の場合もあります。ご家庭では各服点でお楽しみください)







瑞峰 30g入り
5400円


寿雲の昔 30g入り
3240円


菊昔 30g入り
2160円

商品検索

買い物カゴを見る

茶匠みのる園
〒703-8256
岡山県岡山市中区浜478-8
TEL&FAX:086-272-1876
MAIL:minoru-1@po1.oninet.ne.jp
詳細
二次元バーコード
携帯電話で読み取れば携帯サイトへ簡単アクセスできます。